トレーニング

中村祥 今まさに、吃音人生にピリオドを打とうとしているあなたへ

の手紙の中で私があなたにお伝えする事は、

  • あなたを長年苦しめている吃音(どもり)の真の原因と正体
  • 「吃音を克服する」ということの本当の意味
    (吃音を克服するとは、一体どんな感覚なのか?)…
  • 治そうと努力すればするほどどもりが悪化(強化)してい く、
    たった一つの理由…
  • 私 が実際に吃音を克服し、
    これまで300名以上の吃音難民を救ってきた、
    “誰にでも実践可能な”新しい克服法


等々になりますが、
どれもあなたが今までに聞いた事もない、
衝撃的な話になるはずです。

でもその前に、最初にこれだけは、どうしても言わせてください。



「吃音(どもり)は治らない」
などと、無責任な事を言う人間が
未だに多くて本当に困っているのですが、吃音(どもり)は治ります。

しかも、最短6週間、長くても3ヶ月あれば、
最初に紹介した人たちのように、
どんなに重度の吃音でも、克服することができるのです。



  「じゃあ、どうやって治すの?」


という話になってくると思うのですが、

あなたにちゃんと理解してもらうために
順を追って話したいので、

まずは、現在吃音を克服するために使われている
主な方法を3つほど紹介させてください。


一つは、発語気管のトレーニングです。

腹式呼吸法を習得するためのトレーニングや、
特殊な器具や機械を使った、
横隔膜の動きを矯正するトレーニング、

口の形や動きを矯正するための
マウス ピースを使ったトレーニング等々、

つまり身体の発語気管を鍛えるための
トレーニングということになります。


これらは、「吃音は身体的なところに原因がある」
ということを前提とした考え方です。


しかし、私はこれまでに、
150人以上の、
こうしたレーニングを行ってきた吃音者と
接する機会がありましたが、

克服できたという人に未だ出会ったことがありません。


私自身も過去、
こういったトレーニングは一通りは行いましたが、
なんら改善つながるものではありませんでした。


「トレーニングをすればするほど、
これまでどもらなかった言葉まで
どもりだして怖くなってやめてしまった」

という話は何人からも聞きましたが…



後から詳しくお話するのですが、
こういったトレーニングで吃音を治そうとしている事自体、
全く的外れというか、間違った考え方です。


むしろ、こういった行為が
吃音を益々強化させている事実
に、
殆どの人は気付いてすらいない現状です…


二つ目は、「SSRI」という薬です。


これは最近流行している薬で、
飲むと脳の興奮や緊張が抑えられ、
普段よりもどもらずにしゃべることができるという、

一見優れモノです。私も試した事があります。


他には、男性の早漏防止に使っている人も見られますが、

これは本来、
うつ病やパニック障害、強迫性障害などの
精神病による症状を抑えるためのものとして
開発された薬なんですね。


これは病院で処方してもらうことができますし、
インターネットなどで調べれば、
1箱5千円〜1万円くらいで買う事もできます。


この話を聞いて「ちょっと試してみようかな…」と思った場合、
ちょっと冷静になってくださいね。


まず、お試し程度で買える金額だとは言っても、
ずっと使い続けなければいけないし、

そもそもこれは薬です。

今後どんな副作用があるかわかりません。
報告によれば、吐き気や嘔吐、下痢や食欲減退などの
副作用が認められているようです。


また、「薬に頼ってしまった…」という罪悪感はずっと残りますし、

そのうち、
薬なしでは生活ができなくなってしまう
可能性も十分に考えられます。


三つ目は、セラピーや催眠療法です。

心理セラピストや催眠療法士による
専門的なカウンセリングを受ける事によって、
症状の改善を図ろうという話なのですが、

この試みは間違ってはいないと思います。

これによって、改善した人の話もちらほら聞きますので。

しかし、これにはたくさんの問題があります。


まず、カウンセリングを受ける事自体わずらわしい、

という問題です。


たった一度のカウンセリングで克服できるわけはなく、
わざわざ、何度も足を運ぶ必要があるのです。


さらに、対面指導のため、
どうしても費用が高額になってしまう
ということも問題ですし、

何より一番の問題は、
指導者自身が吃音克服経験者ではない
場合がほとんどだということです。


非吃音者には理解し難い吃音の奇異な性質や、
それに伴う苦しみを知らない人間に、
克服指導ができるわけはないのです。



人口の1%、つまり100人に1人といわれる吃音者の中でも、

ごく稀に見る克服経験者による
正しい指導を受けられる確率を考えると、
ちょっと現実的ではありません。


あなたは自ら、吃音を強化させています

れにしても、おかしいと思いませんか?


身体的なトレーニングで
克服させようとしている指導者がいる一方で、

精神病を抑えるための薬や、
心の病を治すためのセラピーや催眠療法が
吃音を克服するのに有効だとされている現実…


そもそも、あなたは、
吃音の原因は何だと思いますか?
やっぱり、身体的なところに原因があると思いますか?


『言葉が出ない』という現象だけを見れば、
身体的な問題だと思うのは無理もないし、

身体原因説を提唱している専門家も多いので、
あなたがそれを信じていてもおかしくはないと思います。

でも、ちょっと考えてみて下さい。


吃音者であるあなたならわかると思いますが、

たとえば、ほんの数分前まで
人前でどうしても発することができなかった特定の言葉が、
一人になった途端問題なく言えるようになってしまう


という不思議な性質が吃音にはあります。


でも、だからといって、
一人の時では絶対にどもらないのかというとそんな事はなく、

「一人だとどもらない」を意識した途端に、
一人の空間でもどもるようになってしまう事も…


また、基本的に“歌”や“お経”でどもる事はありません
(ごく稀に例外はありますが)。


これが吃音なのです。



果たしてこれは、身体的な問題でしょうか?



吃音の症状だけでみるとイマイチしっくりこないと思うのですが、

たとえば、
「人前では目がほとんど見えないけれど、
一人になった途端に視力が1.5に回復するんです」

なんて言う人がいたら、あなたはどう思いますか?


人前ではほとんど歩く事ができず
普段は車椅子に座っているのに、

一人になった途端立ち上がり、歩き、走り、ダンスまで披露する。
こんな人がいたとしたら、あなたはどう思いますか?



このような人たちを見てもなお、

あなたは身体的なところに原因があると思いますか?

思わないですよね。どう見ても心の問題だと思うはずです。


結 論ですが、吃音の原因は身体的なところにはありません。


そしてこれは信じられない話かもしれませんが、
むしろ発語に関するトレーニングを続ければ続けるほど、
実は自ら吃音を強化していることになるのです。

(これについては、後から詳しく説明していきます)


ということは、
「原因はやはり精神面(心理面)に…」という話になるのですが、

これもちょっと難しい問題です。


単純に「精神的な問題だ」の一言で片付けられる程、
吃音は簡単な問題ではないのです。




公式HPはこちら


FX業者